« dora麻雀でのネッテラーに関しての解説。 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerに関しての解説。(5) »

2014年3月29日 (土)

ドラ麻雀での場代について(5)

⑤ピン切ってのカン②ピン待ちなら混一色・一通・西・ドラ1の7翻

流石に・・・ねw
DORA麻雀最近低レートで遊び中macchiです。



牌効率を考えると・・・1s2s切りなんだろうか???

索子の2か6か7、若しくは筒子の⑦な訳です。

しかし、、満貫の3枚の出和了りは
8000点の+15000点相当の収入で

ただ単に要らないから切っただけっていうww
勝ちきるための究極の条件って気がしてきました
勿論、短期的には場代を取るより多くの
お金を得る事ができます。
63%)
想像力を働かせると、
まあ、最高でも7sは2枚。


天和、大四喜はしない(;´д`)ノ


純粋な腕を磨かなければいけません。
あんま意味ない)
東切るか?3s切るか?⑤⑥切るか?の選択でしょ??
その後は知らねwww
「60円ちょっと(一発分」な訳です。


とか言って②ピン切るww
出和了りを(他の人が出した牌で和了ること)することができます。


まあ、結果良しwwww
次に赤入り麻雀の基本の一つ「赤の
受け入れを考える打ち方」について。



という訳で、役牌に頼ることもできず、
言って門前で進めるには遅そうな牌姿。
DORA麻雀ではツモリ損な訳ですから
これを考えだすと結構難しいですよね。


欠けている1つで和了れれば九蓮宝燈が成立しますが、

まあ、これはリーチだろうね。



三暗刻(出現割合:0.
1種類の数牌+字牌で成立
谷口隆から忠告されたことを思い出します。
というか麻雀を冒涜してるっていうか。



そして、
その場所でカジノを行うためのライセンスを取得する事で、



うん、この牌姿は基本的に和了れないと考えて良いと思うんですよね。




まずが⑥⑨筒、白待ち。


⑤⑧縦引き狙い

今現在は
頭のみが違う色なら基本的にはそれを
気付かずにスルーしてしまいかねない。




南に続いて白も暗刻になるっていうww
けど、千回やって千回とも鳴いてしまうww
僕としてはこのリーチは・・・萬子の混一色まであると思って發なんて基本切りませんが。


一般的にはこの形を作ってツモであがれば、
役満となります。


高めで満貫。
万が一5sか6s引いたら・・・一牌だけプッシュしてピンズ待ちチートイにしますが(・・。

今日はこれ!


南家からのリーチが入ってとりあえず一発目に⑧筒を押してみましたが、

けど・・・これ北が2枚とドラが既にあるので満貫は確定している訳です・
勝負するなら5切りなんですよね。
牌が見えたでしかないwww




よって、、打④ピン!!
と思ってたけど・・・

谷口隆が発端で起こった素人雀士達との対局。
「状況判断」は経験が必要ですが、

というか・・・多分2人は全く和了れないですよね。


一番着順の差で大きいのは2着と3着です。


自摸和了なら2000点にプラス祝儀の2000点ずつで

どっちにしよう。




う~~ん。
それを防ぐために西を対子落としをするんですね。

制約がある時は別だけど
なんて妙に力んだりするものである。



南とのシャボになる可能性が高いし。



_wp_old_slug

DORA麻雀の最高レートであるパンサー卓の20倍以上のレートです。

その卓が続かないんですね。

その後興味本位で天鳳に触ってみた時は

まあ・・・リーチでもいいけど何となくダマ。


26回打ってラス3回だけっていうサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
聴牌したのは出たから分かるけど、

このまま繋がりが切れてしまうのは嫌だと思ったんでしょうね。


和了りたい笑
發2枚切れてもうた~~~。


まあ・・・和了れなかったんですが。

沖本瞬の人生終了のお知らせ。



これはやりすぎ??
まあ、たまに怪物手が入る時がありますね。

いきなり「天和!」とか言われて負けることです(~_~;)

そんな人がいきなり来たらビックリwww
2索切りの場合は
こんな感じね。




ドラ麻雀での出金方法です。




おすすめ記事




« dora麻雀でのネッテラーに関しての解説。 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerに関しての解説。(5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1894274/55560034

この記事へのトラックバック一覧です: ドラ麻雀での場代について(5):

« dora麻雀でのネッテラーに関しての解説。 | トップページ | ドラ麻雀のnetellerに関しての解説。(5) »

無料ブログはココログ